寝起きの口臭がひどい原因は?おすすめの予防・対策を徹底調査!

朝起きた時の自分の口臭って気になりませんか?

ネバネバしていたりとにかく不快に感じる方は少なくないと思います。よくドラマで寝起きにキスしたりしていますが、あれどうなんでしょうね。。

私自身、花粉症など鼻が良くないこともあって口呼吸になりやすく、寝起きの口臭やネバネバが気になっていました。

そこで本記事では寝起きの口臭がひどい原因や口臭を予防するおすすめの対策などを調べてみたので私と同じように寝起きの口臭が気になっている方は参考にしてみてくださいね。

寝起きの口臭がひどい3つの原因

ニオイの強い食事をした場合であればまだしも、そうではなくて寝る前にしっかり歯磨きをしたはずなのに朝起きたら口臭がひどいと感じるのはなぜなのでしょうか?

まずは寝起きの口臭がひどい原因からみていきましょう。

1.睡眠中は口内細菌がもっとも増殖する

口の中の細菌は食後3時間後から急増し、約8時間後にもっとも多くなるといわれています。さらに食べかすが残っていると細菌の活動により腐敗し、口臭の原因となるガスがたくさん発生します。

寝起きに口臭がもっともひどくなるのは、起きているときよりも唾液の量が少なく、歯みがきをしていないためガスが睡眠中に発生しやすい条件になっていることが原因です。

2.唾液の量が減少し殺菌効果が低下

口の中の細菌は、唾液に含まれる抗菌物質によって殺菌されて増加が抑えられています。

しかし、睡眠中は唾液の量が減少するため日中よりも殺菌効果が低下してしまいます。そのため、細菌が繁殖を繰り返し増殖した結果、口臭がひどくなってしまいます。

3.唾液による洗浄効果も低下する

唾液には殺菌をするだけでなく細菌を洗い流す効果もあります。

しかし、睡眠中は起きているときと比べ、唾液を飲み込む回数が減少しています。新しい唾液が無いわけですから細菌を洗い流すことができないんですね。

そのため、寝起きは口の中がネバネバしやすく、特に睡眠中に口を開けて寝る人は唾液が乾燥してしまうことで唾液による殺菌効果と洗浄効果を得られないため、より口臭がひどくなってしまうというわけです。

寝起きの口臭がひどくなりやすい人の5つの特徴

寝起きの口臭が特にひどいと感じる人にはある特徴があります。

もし、自分が寝起きの口臭がひどいと感じているなら、以下の特徴に当てはまらないかをチェックしてみましょう。

1.就寝前の歯みがきがしっかりできていない

当然ですが、就寝前の歯磨きがしっかりできていない人は、口の中に食べかすが残ってしまうため腐敗臭のあるガスが発生しやすくなります。

2.虫歯がある、歯周病である

虫歯がある人は食べかすが残りやすくなるため、口臭を発生させる大きな原因となります。

また、歯周病である場合も虫歯と同様に口臭の原因になります。さらに、歯周病は自覚症状がないことが多いため、少しでも違和感を感じているなら歯医者で診てもらう方が良いでしょう。

3.親知らずがある

親知らずがある人も口臭の原因になりやすいです。親知らずは完璧に歯磨きをすることが難しくどうしても食べかすが残りやすくなりがちです。

4.舌苔(ぜったい)がある

舌苔(ぜったい)とは舌の表面の汚れのことであり口臭を発生させる原因の1つです。舌は本来ピンク色をしていますが、白っぽくなっている場合は要注意です。

5.睡眠中に口呼吸になっている

口呼吸は唾液を乾燥させてしまい細菌が増殖しやすくなってしまうため、口臭の原因となります。

日中は鼻呼吸をしている人でも寝ている間は無意識に口呼吸しているかもしれません。朝起きた時に口の中がカラカラで唾液の量が少なければ睡眠中に口呼吸をしている可能性が高いです。

睡眠中に口呼吸をしているかどうかは自分ではわかりにくいため、家族などにお願いして口呼吸になっていないか確認してもらうのが良いでしょう。

寝起きの口臭ケアに効果的な6つの予防・対策方法

ここまで読んできて、自分は寝起きの口臭がひどいんだと改めて自覚した方のために、寝起きの口臭ケアに効果的な予防・対策方法をお伝えしていきます。

1.寝る前の歯磨きを朝、昼よりも丁寧に行う

基本中の基本ですが、食べかすが残らないように寝る前の歯磨きはいつもよりも丁寧に行いましょう。これだけでも朝起きたときの口臭が大幅に軽減します。

2.舌苔(ぜったい)があれば取り除く

舌の表面の汚れである舌苔(ぜったい)があると細菌が繁殖しやすくなってしまいます。

舌の色が本来のピンク色ではなく、白や黄色くなり苔が生えたようになっていれば、定期的に専用のブラシを用いて落としましょう。薬局やドラッグストアなどでも手軽に購入することができます。

3.就寝前に水分補給をする

就寝中の唾液の分泌を促すためにも寝る前には水分を摂取するようにしましょう。ただし、飲み過ぎるとトイレに行きたくなってしまうので飲み過ぎには要注意です。

4.ストレスを抱えた状態で就寝をしない

唾液の分泌はストレスによっても減少します。ストレスを解消するのは簡単なことではないですが、布団に入ったら仕事や人間関係などストレスの原因となっていることについてできるだけ考えないようにしましょう。

うまく寝付けない時には、無理に寝ようとしても逆効果ですので、本を読むあえて他のことをするのがおすすめです。読んでいるうちに自然と眠くなってくるはずです。

また、アロマオイルを焚いたりリラックス効果のある音楽を流すのも効果的です。

5.口呼吸をやめて鼻呼吸を心掛ける

口呼吸は唾液を減らすため口臭の原因となってしまいます。鼻炎の人など普段から口呼吸になりやすい人は鼻呼吸を心掛けるようにしましょう。

最近は睡眠時に口呼吸にならないようなテープなども販売されているので、そういった対策グッズを試してみるのも良いでしょう。

6.朝起きたらすぐに歯磨きをする

ここまでみてきたように、寝起きは細菌がもっとも多い状態です。そのため、起床したら朝ごはんを食べる前に歯磨きをして細菌を洗い流すようにしましょう。

さらに虫歯予防や日中の口臭対策のためにも朝食後にも歯磨きをすることをおすすめします。

寝起きの口臭についてのまとめ

今回は寝起きの口臭がひどい原因や予防方法などをご紹介してきました。

寝起きの口臭は生理的口臭と呼ばれるもので、ある意味仕方のないものですし、寝起きの口臭が気になっているのはあなただけではありませんので安心してください。

とはいえ、奥さんや子供など誰かと一緒に寝ている場合、できるだけ寝起きの口臭は改善したいですよね。

ここまでご紹介したような寝起きの口臭予防を心掛けることで、多くの方が爽やかな朝を迎えられるようになれば幸いです^^

関連記事

多汗症の人は汗腺トレーニングが効果大!お風呂でできるやり方とは?

本当に口臭予防に効果ある?マウスウォッシュ・ガム・飲み物は?

加齢臭はいつから始まる?20代でも加齢臭がするって本当?

口臭を防ぐために正しい歯磨きと口臭の原因を改めてチェック!

ワキのニオイやワキガ臭が改善!男でも脇毛は剃った方が良い!

ノネナールを徹底対策!加齢臭を予防するおすすめの方法